肉割れ,中学生

中学生の成長期に肉割れは起こりやすい?

中学生は成長期に急に大人の体に向かって変化するので、硬い真皮が裂けてヒビのように見える肉割れが起こりやすいです。

 

全身にあらゆる部分に肉割れが生じることは珍しくありません。女の子は女性ホルモンが増えることで、胸が大きくなったり脂肪を溜め込みやすくなったりします。やせ型でも胸やお尻の成長で肉割れができることは多いです。

 

成長期に体重が増えると、女の子は自分の体型が気になり始めます。しかし無理にダイエットをしてもリバウンドをすることで、皮膚が裂けてしまうのであまり気に過ぎないように周囲がサポートすることも大切です。

 

肉割れ,中学生

 

太ももやふくらはぎにできるのは、身長が急に伸びるためです。また部活動を一生懸命に頑張って激しい練習を行っていると、過剰に筋肉が鍛えられることで手足に肉割れが起こります。

 

成長期は新陳代謝が活発なので、大人と比べると肉割れが解消しやすいです。過剰に付いてしまった筋肉が原因の場合は、運動の負荷を小さくするだけでも改善します。

 

中学生は部活動に励む人が多いですが、高校や大学、社会に進むと運動する機会も減ります。気づいたら鍛え抜かれた筋力が低下して、気にならなくなるので中学生の段階で、運動メニューを制限する必要はありません。

 

皮膚に柔軟性を持たせれば、肉割れを消すことができます。そのためには保湿が重要で、専用クリームも売られています。体が成長することは良いことなので、深く悩まずに適度な保湿で対処します。

 

肉割れ,中学生